金融機関によって違うカードローンの収入証明書

金融機関からお金を借りるとなると、債務者には相応の返済能力が求められます。その為、債務者の収入はしっかりと確認しなければならない部分になります。しかし、融資の申し入れを行う時に収入証明書類を提出しなければならないとなると、やはり抵抗を感じてしまう方の方が多いと思います。

近年のカードローン会社の多くは、少額の融資希望なら収入証明書類の提出を省略することが出来るようになっています。収入証明書の提出が不要になる金額は金融機関によって違います。ですが、100万円程度の融資なら収入証明書の提出を求められることはあまりありません。

中には200万円くらいまで収入証明書なしで融資の申し込みが可能な金融機関もあるので、利用する金融機関を選ぶときは収入証明書の提出基準も調べておくと良いと思います。
もちろん、収入証明書の提出が不要なはずの金額でも、他社からの借り入れ状況によっては収入証明書が必要になることもあります。この点も事前に把握しておくと安心ですね。

人気の高いカードローンが無難

もしもカードローン選びで迷ったら、とりあえずは人気の高いカードローンを選んでおけば安心です。たとえばインターネットの消費者金融一覧サイトなどで人気の高いもの、ランキングで上位にランクされているものなどを選んでおけば、失敗のリスクは小さくすることができます。

また、諺に「寄らば大樹の陰」というのがありますが、迷う場合は有名な大企業のカードローンを選んでおくのも無難です。無名のカードローンだと少し不安もありますが、名前を聞けば誰でも知っている会社なら、ひとまずは信頼できるでしょう。

しかしカードローンは結局、どれを選ぶかよりも、どうやって返済するかのほうが極めて重要です。しっかりした事前の返済計画の元、無理のない返済をしてこそ、生活に余裕のある有意義な借り入れができるのです。

カードローンの利用で気を付けるべきことは、とにかく生活に余裕のある範囲内で返済できるように借り入れをすることです。もしも余裕を無くしてしまえば、メリットよりもデメリットのほうが大きくなってしまう危険があります。

カードローンのリボ払い

カードローンでお金を借りるのは簡単にできても返済に苦労してしまうということがあります。その返済に融通を効かすことができるのがリボ払いであり、多くのカードローン会社がそのサービスに対応しています。

リボ払いにすることで、自分で返済期間を決め、月の返済額を決定する事ができるのでとても人気のある返済方法でもあるのですが、だらだらと返済を長引かせてしまうという欠点もあります。

融通が利くのですぐに返済するのではなく、少ない金額を長く負担をあまり感じないような方法で返済することを選ぶ人が多いのです。それは間違った方法ではありませんが、返済期間が長くなることでその分利子なども多くなり、返済額は増えてしまいますし、毎月の返済額が少なくなることで、本来ならば購入してはいけないようなものまで買ってしまいたくなるかもしれないのです。自分が借金をしている立場であるということの認識を薄れさせやすいのです。そうしたこともリボ払いを選択するときには考えることができます。

高級車の購入で、カードローン

高級車を買うときに、高い車のローンの返済プランをどうするか考えます。月々5万円の返済、10万円の返済、金額に応じてその返済期間が延びたり縮んだりします。早く返してしまいたいなら、月額返済額を多めに設定して、1年でカードローンを終わらせることも可能でしょう。

カードローンの場合、返済方法として一括とリボと分割があります。どのようにして返済していくかについては、個々人の家計のやりくりにかかっていますが、おおよそ業者によってはリボとすることがあります。一括や分割の余地もあるため、カードローン業者についての返済方法に関する情報を確認しておくのがおすすめです。

たとえば、オリコカードでは返済はリボとなっているようです。これらは設置のATMのタッチパネル式の画面から操作することができ、借り入れは比較的容易です。いくら借りるのか、そしてローンの場合は審査があります。会社員としての勤務があれば、たいていローンの審査は通ります。

カードローンは貧乏人の強い味方

大雑把に言うと、世の中にはお金持ちと貧乏人がいます。そしてカードローンの利用者は、基本的に貧乏人だと言えます。なぜなら、お金持ちはカードローンに頼らなくても、元々お金があるので預金を降ろすなどすれば借りなくても済むからです。

そんなカードローンだからこそ、それは貧乏人の強い味方であると言えます。実際、お金が足りなくて困っている人は、カードローンのおかげで急場を凌ぐことが出来て、本当に助かっているのです。そんな人は世の中に大勢いるのです。

ところが、そんな貧乏人の味方であるはずのカードローンも、ひとたび使い方を間違えてしまうと大変なことになってしまいます。たとえば自己の返済能力を無視した借り入れをすると、貧乏人の味方どころか、敵となって貧乏人を苦しめることになってしまうのです。

ですからカードローンに頼もしい味方となって欲しければ、絶対に使い方を間違えてはいけません。使い方さえ間違えなければ、生涯、カードローンは強い味方として便利で重宝するものなのです。